カテゴリ:絵画 > 水彩画

おもちゃカボチャは小さく、色々な種類があって絵の題材としては面白い。同じかぼちゃでも「おもちゃカボチャ」は観賞用です。ネットで食べてみたという人がいましたが、硬くて、実が少なく美味しくないそうです。試してみる、その行動には感心する(^-^) ...

ユリ(カサブランカ)、百日草、エノコログサ(猫じゃらし)にトマト、ナス、きんこう瓜。たくさん入れ過ぎて何がメインだか分かりにくいけど、デカいカサブランカがメイン。茶褐色の花粉がユリの白さを際立たせるので絵を描くにはいいが、この花粉が服や床に付くとなかなか ...

 先月に引き続き”ビワ”、しかも枝ごとのビワだけを題材にする。最初はドサッと置いてスケッチしたが、どうも不自然な気がして先に進めない。花が上に向かって咲くように、ビワのような木の実がなる枝は重みで下にたわんでいる姿がいいかな~と思い、タンスの引き出しの隙 ...

 水彩画を始めて2年になるのに、初めてアジサイを描いた。綺麗だし、この時期には題材になることが多いが、細かくて花びらいっぱいだし、手間がかかりそうなので何となく避けてきた。今回は花の数を減らして全体にシンプルにして描いてみた。 手前のブルーのアジサイは丁寧 ...

 ドクダミは名前から受けるイメージとは違って薬草になるようで、見た目も白い花は白さが際立っていてきれいですよね。ビワの木と並べると緑が多くなってしまいますが、そのおかげでドクダミの白い花と山吹色のビワの実が引き立ったかも。 ビワといえば子供の頃に裏山にな ...

↑このページのトップヘ