カテゴリ: 報告など

 何かとやりたいことが溜まってしまって投稿も遅れてしまったが、先月にやっていた美術展に最終日ギリギリで行って来ました。 1つ目は静岡県立美術館の県民ギャラリーでやっていた「ふじのくに芸術祭記念展覧会」、ふじのくに芸術祭の受賞作品と招待作品を展示したもので ...

 毎年行っている浜松市市展に今年も行ってきましたが、素晴らしい作品がいっぱいで、大いに刺激を受けました。素人目からすると「なんでこの作品が奨励賞などの入賞作なの?」「入賞していないけどこちらのほうがいいな~」って思うものがいくつかあり、できれば入賞作品に ...

 静岡県の芸術祭「ふじのくに芸術祭」は毎年開催されているが、その学生部門の「学生アートフェスティバル」を観に県立美術館へ行ってきました。 県立美術館のメイン展示場ではガンダムなどのアニメ監督「富野由悠季の世界」が開催されていたが特に関心がなかったので、真 ...

 先月から開催されている「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」展を見に浜松市美術館に行って来ました。なかなか盛況でちょっと密な状態でしたので鑑賞するのに思ってた以上に時間がかかりました。浮世絵と言えば写楽や北斎など有名どころは知っているが、正直、歌川国芳の絵は記憶 ...

 額装マットは絵と額縁の大きさの違いを埋めるためとか、絵が表面のガラスやアクリル板に直接触れるのを避けるためなどの目的で入れるもので、詳しくは下記のページ参照。https://www.gakubuti.net/user_data/15.php 前回描いたガクアジサイ(額紫陽花)の水彩画紙はA4より ...

 挙母城(ころもじょう)通称、七州城(しちしゅうじょう)のあった場所にある落ち着いた環境の中の美術館。新型コロナによる県間移動の自粛も解除になったし、面白そうな企画展などをやっていたので、行ってみました。やっていたのは、・開館25周年記念コレクション展 VIS ...

 静岡県立美術館で開催されている「きたれ、バウハウス」、TVで頻繁に宣伝していたので、行ってみました。 自分の感性の鈍さなのか、見る目がないのか、全く面白くない展示でした。古臭い教材や写真がたくさん並び、少し作品も展示されていたが感じるものが何もない。学校 ...

 前回書いたように、今まではF8とかP10ぐらいの大きさで描いていて、最近はA4の水彩画紙に描いています。その絵を入れる額縁も大きさだけでなく、絵の雰囲気にあったものを選ぶことになるが、大きさや造りによっては価格も幅広い。 経済的にゆとりのある状態ではないが、気 ...

 掛川市の二の丸美術館に用事があって、ついでに近隣の美術館巡りをしてきました。資生堂アートハウスは「春を詠う、春に詠う-詩歌と愉しむ美術 日本画・洋画・工芸-」というテーマで開催されていましたが、自分はこうした感性をあまり持ち合わせていないのかも(-_-;) 二 ...

今年も浜松市の市展に行って来ました。 浜松市長大賞の工芸「記憶の中へ」は浜松市立看護専門学校の旧校舎実習室をジオラマで再現したものでしたが、物凄く繊細で、看護学校の中の情景を上手く切り取っていて見るものを楽しませてくれます。作者自身も楽しんで作っていたん ...

↑このページのトップヘ